投稿日:

売却を見越したマンション購入と査定に関わる清潔感

マンション購入に関わるニーズは、全国幅広く見られます。もちろん東海や和歌山地域などでは、そのような需要は大変多いです。また世田谷地域などでも、集合住宅を買おうとする方が目立ちます。基本的に物件を購入する場合は、売却価格なども考えておくべきでしょう。なぜなら、物件は万が一の売却も起こり得るからです。

例えば、値段高騰があり得るのです。一旦は2,000万円近い物件が、極端な話で1億近くになった時には、かなりの高値になる事は間違いありません。土地価格が上昇した時などは、そういう事は起こり得ます。それと返済に関する事柄があります。途中で返済が難しくなってしまい、やむを得ず売却する事もあるでしょう。そういう事も考えて、購入をする必要があります。

なお売却するとなると、最終的には担当会社による査定が行われるのです。原則として物件の清潔感が、売却価格に大きく関わってきます。それゆえに、普段から住宅をできるだけ綺麗に取り扱うべきです。

変動と固定のどちらが望ましいか

沖縄地域では、しばしば住宅購入が行われています。それで聞いた事も無いような税金を耳にするケースも、しばしば有るでしょう。印紙なども、それに該当します。ところで住宅購入では、全般的に分割になるケースが目立ちます。やはり物件価格が高めだからです。

総じて物件は、数千万前後になるケースが多いですね。中には、1億を超える物件を存在します。それを一括で払うのも難しいですし、分割はよく検討される訳です。もちろん分割になる以上は、長期になる事例が殆どです。

ところで分割商品を利用するなら、固定にするべきか否かの問題が浮上する事があります。どちらが良いかは、やはり情勢次第でしょう。なぜなら住宅業界では、金利が下がる時期もある訳です。ある時までは5%見込みだったのに、状況により3%などにダウンするケースもあります。そういう時は、変動が良いでしょう。逆に長期的に見れば、上昇する事例もあります。そういう状況なら、むしろ固定が望ましいでしょう。

住宅ローンの審査基準とか…仮審査前に知っておきたいなぁ

住宅ローンのことは、全く知りません。
家の購入時に組むローン。くらいにしか・・・(笑)

一軒家を買うことになりました。
23区内の便利な場所。
多摩川も近くなので、犬を飼って散歩とかする予定です。

駅から10分くらいの3LDK。駐車スペースと狭いけど庭もある
区内なので、相当高いんですけどね。

だけど、半分くらいの頭金はあるし、
私も主人も上場企業で勤続年数も長い
審査は通りやすいのではないかと考えてます。
ローンの返済期間も短くしたいから、問題ないんじゃないかな。

と、思ってはみたものの、
同じ会社で住宅ローンが組めなかった人がいたんです
なんでなのかは知らないけど、
その人も私と同じような条件だったのに。
なんでダメだったのかしら?

住信SBIネット銀行 住宅ローンの審査基準:仮審査前に知っておきたい3つのポイントって何だったんだろう……?

住宅ローンの審査はかなり厳しくて、
勤続年数が長くても、頭金が多くても
クレジットカードなどの返済遅延があったりと借り入れ状況に問題があると
審査に落ちることがあるようです。

まずは、事前審査を受けてみよう。ということになり、
オンラインでの事前審査をやってみました。
私が申し込んだところは、3・4日くらいで電話で結果がくるそうです。

合格なら、必要書類を集めて、正式な審査へと進めていくそうです。
よく聞くのは、事前審査は通りやすいけど、本審査は厳しい、と。

どんな審査でも、本当に不安ですね。ドキドキします。
主人も結果がどうなるのか心配でたまらない様子。

良い結果がもらえますように!と、祈るばかりです。

まずはここで勉強を始めたいと思います…^-^;

ガイドと見積もりを活用して購入する

長野地域には、集合住宅が沢山あります。それで西武などの業者に着目をして、マンション購入を考える事はあるでしょう。ところで購入手続きを行うとなると、2つポイントがあります。まず1つ目ですが、ノウハウに関する事柄です。不動産物件を買うとなると、少なからず知識は求められるでしょう。やはり知識ゼロでは、少々厳しい一面があります。

ところが不動産探しサイトなどでは、ガイドなどで知識が明示されている訳です。基礎的な事柄は大まかに学べる傾向がありますから、ガイドは一読しておくべきでしょう。それともう1つのポイントが、見積もりです。そもそも購入手続きを行う場合、業者選びは必要になります。もちろん各会社によって、物件の善し悪しは異なる訳です。

それで上記の見積もりと呼ばれる手続きを行いますと、比べる上での有益な情報を得ることができます。時には、一般公開されていない情報が分かることもあるのです。したがって良い物件を見つけたいと思うなら、見積もりを取っておくと良いでしょう。

住宅ローンの金利というのは

住宅ローンの金利は実は時代によって相当違います。バブルの時を経験したことがある人はそれこそ10%近い金利を支払っていたこともあるのです。当たり前ですが、これは相当におかしい金利です。怖い金利ともいえるでしょう。まさに狂乱の好景気であったからこその金利といえるでしょう。

今ではそんなことはありませんから心配することはないです。それこそ、今度は未曾有の低金利時代ですから、極めて負担が楽になっています。そうはいっても何が起きるのかわからないのが人生です。それをよく認識しておいて、できるだけよい金利で借りておいて、いざ返済を開始したのであれば一息に返すくらいの意気込みでいきましょう。

余裕がある時に余裕のある生活をするのもよいのですが、まずは基本的には早めに返済することを考えましょう。キャッシングのように随時返済がちょくちょくできるようなものではないのでそれなりの金額が貯まったら繰越返済、ということにするとよいでしょう。